静岡茶商工業協同組合
静岡茶商工業協同組合
なぜ静岡市はお茶の街になったのか

静岡茶商工業協同組合

静岡市中心部の北西よりに「茶町」という町があります。この付近は江戸の頃からその名の通り製茶問屋の街として栄えてきました。そして明治の終わり頃に大発展の時を迎えます。そのきっかけは1899年、清水港が国際貿易港として開港したことでした。
 清水港はその背後に静岡県という大産地を持ち、そのお茶が集まる静岡市にも近く、茶貿易にはうってつけの港。やがて静岡市の茶町周辺には。製茶問屋によって輸出茶の再製工場が続々と建てられるようになりました。
 再製とは、お茶を輸出する際に、茶葉が長期の保存にたえられるよう再度火入れして乾燥・整形したり、安定供給するために品質のランクごとにブレンドしたりすること。再製作業は清水港開港以前、主に横浜や神戸など古くからの国際貿易港周辺で行っていましたが、その役割は次第に静岡市に集中するようになりました。横浜や神戸にあった外国商社も続々と静岡市に集まり、競うように再製工場を構えたのです。
 また、輸出用の茶袋、茶箱、茶缶などをつくる茶関連業者や、製茶機械のメーカーなども茶貿易とともに発展していきます。さらには茶園開拓も日本平周辺で進みました。こうして静岡市はいちだんとお茶の街の色彩を濃くしていきました。
 いいお茶が集まるところには製茶問屋が集まる。製茶問屋が多く集まるところにはさらにたくさんのお茶が集まる。そうした良い循環が、静岡市をお茶の街に仕立ててきました。そして、県内のみならず全国のお茶が集まる一大集散地として、ゆるぎない地位を築くに至ったのです。その結果、「静岡茶」は国際ブランドとして認められるようになりました。
 清水港を舞台に花開いた茶貿易は、ロシアやアメリカなどにもルートを拡げましたが、戦後になって日本経済が豊かになるにつれ、次第に国内消費に移り変わっていきました。その間、茶業者が業界をあげてお茶の品質向上に取組んできたことも、「お茶はやっぱり静岡」といわれるほどになった一因です。今も静岡市には、お茶の街としての伝統と誇りが生きているのです。
静岡茶商工業協同組合
静岡茶商工業協同組合 江戸時代、御用茶でもあった静岡茶

静岡茶商工業協同組合

江戸時代に下ると、静岡のお茶に関する確実な古文書が増えてきます。江戸のはじめ頃には安倍川流域で確かにお茶がつくられていたことを示す記録も残っています。その記録とは、徳川家康公が大御所として駿府城に在城していた頃、安倍川奥地から駿府城に御用茶をおさめたというもの。当時のお茶生産の主流を占めていた宇治にも匹敵する良質産地として認められたからに違いありません。安倍川流域のお茶づくりはそのような経緯から少しずつ名を知られるようになり、やがてこの地にもいよいよ「煎茶」が登場してきます。
江戸時代の初め、徳川家康が駿府城にいた頃は、お茶会が政治の場として大きな意味を持っていました。その際、家康やそのまわりの人々は、地元産の抹茶も使っていたようです。安倍郡(安倍川流域)の奥、井川では抹茶のもとになる碾茶が作られました。このお茶は高価な茶壺に詰め、標高千メートルを超える大日峠のお茶壷屋敷で夏を越し、秋になってから駿府に運びました。この時の運搬の様子を想像してイベント化したのが、毎年新茶の季節に行われるお茶壷道中です。家康の死後、駿府の政治的な役割がすっかり衰えて抹茶の需要がなくなるとともに、宇治が独占的に生産するようになって、せっかくの抹茶製造技術は絶えてしまいました。
 なお、足久保では1681年から江戸の将軍家に対するお茶の上納が始まります。ここには専用の製茶小屋が3つも設けられ、かなりの量の高級煎茶がつくられていましたが、八代将軍吉宗の時の1716年に中止になります。すると製茶技術も一気に衰えました。なぜなら特製のお茶は庶民には手が出ない上に、飲み慣れないものだったからです。
 当時の庶民が好んだのは、ごくごく簡単な製法の日干し茶か、釜炒り茶だったのではないかと考えられます。釜炒り茶というのは、九州では今でも作られていますが、生葉をいきなり熱した大鍋に入れて炒ってから、ムシロの上で揉み、そのまま乾燥させるものです。現代中国ではこの方法が一般的であり、静岡に代表されるような、蒸して揉む日本独特の煎茶は、茶の世界からみると大変特殊な製法なのです。
 では、いつ頃から蒸し製煎茶が普及したのでしょうか。
 京都に永谷宗円という人が出ました。彼は、蒸して揉まずに乾燥させる抹茶の技術と、釜で炒ってからムシロの上で揉む番茶の技術を合体させ、生葉を蒸して焙炉の上で両手を使って丁寧に揉んで仕上げる、青製と呼ばれる製茶技術を完成させました。1738年のことです。このお茶の評判は江戸の問屋を通じてたちまち全国に広まり、やがて静岡県でも宇治から指導者を招いて技術導入に努めることになります。
 永谷宗円におくれること50年、駿府のある商人が足久保の高級煎茶の製法が絶えてしまったのを惜しみ、古老から話を聞いたり自分で工夫したりして、すばらしいお茶をつくることに成功しました。当時、世間では抹茶を使用する従来の茶道に対して、もっと気軽に雰囲気を楽しみたいという煎茶道が盛んになっていました。抹茶は、粉をとくため濃い色になりますが、抹茶は、清く透きとおった色をしています。煎茶を愛した文化人にとって、「清」「青」は自らの生きかたにもつながるキーワードであり、新しい煎茶の製法はみごとにそれに応えたのです。ここに煎茶は有力な支持者を得、商品として大きく発展する機会をつかみました。
 こうして江戸の問屋を軸に新しい煎茶の製法が次第に広まり始めた頃、日本が長い鎖国の夢から覚め外国貿易が始まります。そして生糸に次いでお茶が輸出の花形になりました。茶は一気に日本の戦略商品に躍り出したのです。
静岡茶商工業協同組合
静岡茶商工業協同組合 庶民のお茶は歴史の裏側で発展した

現代でもこれだけ親しまれているお茶ですが、その歴史の始まりについての確かなことはあまりわかっていないのが現状。あるいは栄西禅師や聖一国師の時代の抹茶よりも前に、お茶は日本にあったのかもしれないのです。
 静岡県のお茶に関する確実な記録は、南北朝時代、駿河清見の茶(現在の清水市清見寺)として記録に出てくるのが最初です。戦国時代になると、いくつかのお寺で茶が栽培されている記録がありますが、これらはどれも抹茶だったようです。しかし、同じ時代に作られた『煎じもの』という狂言の中には、京都の風俗として「煎じて飲む」(今でいう煎茶とは違い、茶葉を煮出して飲む)、文字通りの煎茶が出てきます。つまり、高級な抹茶とは別に、庶民の世界には簡素な製法による煎じ茶、いわゆる番茶に類するものが普及していたのです。
 じつは先ほどの栄西禅師や聖一国師の時代よりもっと前、9世紀初めの平安時代には、既に中国からお茶が伝わっていました。この時のお茶は蒸した葉を臼でついて固めた餅茶というものでしたが、やがて絶えてしまいます。もしかしたらこの時の茶樹が地方に広がっていったかも知れません。あるいはもっと前に、たとえば米と一緒に茶も大陸から伝わった可能性だってあります。文字として記録されてはいないけれど、お茶の歴史は案外古代までさかのぼることができるのではないでしょうか。
 もしそうなら、日本には、鎌倉時代に始まった抹茶文化と、もっと古くからの庶民のお茶、つまり番茶文化という二つの流れがあったことになります。

静岡茶商工業協同組合
静岡茶商工業協同組合 本山茶の歴史

本山茶産地の歴史は、安倍川の上流、足久保の地に端を発します。今から800年の昔に生まれた静岡市出身の高僧・聖一国師が中国から持ち帰った茶の種をこの地に蒔いたと伝えられています。そしてそれは、本山茶のみならず静岡県のお茶史の始まりともなりました。その伝承が事実なら、この地を茶栽培の場所に選んだ聖一国師は、見る目があったといえましょう。
 静岡市を縦断する安倍川は、豊富な伏流水をもった水清い急流。その流域を囲む茶産地の山々は、しっとりと山霧を抱き、茶葉に照りつける日差しをやわらげます。また、寒暖の差が大きいこと、土がミネラルをたくさん含んでいることも、茶栽培に向いている理由。
 ここは、大自然が創り出した天然の良質茶産地なのです。香り高い紅茶の産地ダージリンが産地であるように、本山茶の里が生み出すお茶も、ふくよかな香りと深く澄みわたる味わいが身上です。

 

 

本山茶の名付 け親 と いわれ ている のが 、明治・大 正期の 茶農家・築地光太郎。幕末の頃、安倍川の支流である藁科川の上流に位置する清 沢村(現静岡 市清沢相俣)で生まれた彼は、お茶づくりの研究に余念がなく、明治天皇にもお茶を献上するほどの腕前で安倍の茶の評価を高めていきました。
大正6年、光太郎は清沢の地で手塩にかけて育てたお茶に「本山」の名を記しています。彼の生きた時代は、新しい茶産地が続々と生まれていた頃。伝統ある安倍奥の茶を他の茶産地と区別するためにこの名を用いたのでしょう。
光太郎のような熱意ある茶職人を本山の里は多数輩出しています。彼ら先人たちの地道な努力と知恵が、今あるおいしい本山茶を創ってきました。歴史に名を残す偉人ばかりではないけれど、彼らの功績の大きさははかり知れません。

 
静岡茶商工業協同組合
静岡茶商工業協同組合 献茶式について

当組合主催の献茶式は、新茶をお供えして、三国師(栄西禅師・聖一国師・ 大応国師)に感謝の念をもってお祭り申し上げ業界の発展を祈願するものであり、本組合創立(昭和23年9月)以来の行事となっています。
初期の頃は、八十八夜の佳き日に献茶式を行っていましたが、八十八夜の当日は五月初旬で組合員も忙しくなってくる時でもあることや、元来が献茶式そのものは尊いことだけに茶の走りに近い新茶初取引の当日行う方が良いだろうということになり、初取引の当日行われるようになりました。
その後、新茶期には諸行事が集中することから、行事の重複をさけるために、初取引当日とは限定せずに初取引の頃に挙行されるようになり、現在に至っています。
献茶式は、当初大岩の臨済寺本堂において執り行われたが、昭和43年に茶業にたずさわる有志により、臨済寺の境内に茶祖堂が建立されてからは、茶祖堂で行われるようになりました。
 
静岡茶商工業協同組合
静岡茶商工業協同組合 三国師について

静岡茶商工業協同組合 栄西禅師
静岡茶商工業協同組合
向って正面中央にお祭りしてございます像が、栄西禅師の像でございます。
栄西禅師は永治元年(1141年)今から約860年前に備中の国(今の岡山県)にお生まれになり、仏法の奥義を極めようと2度に亘り宋の国(今の中国)を訪れ修業された高僧でございます。
その際、宋の国から茶の種を持ち帰り、九州福岡県背振山の麓に植えられました。これが、本邦に於ける茶の栽培の始めとされています。
また、喫茶養生記を現わしたことは余りにも有名であります。
 
静岡茶商工業協同組合 聖一国師
静岡茶商工業協同組合
向って左側の像が聖一国師の像でございます。
聖一国師は建仁2年(1202年)今から約800年前、駿河の国は安倍郡大川村栃沢(現在の静岡市栃沢)にお生れになられ、京都の東福寺を建立された名僧で、国師の故郷近く足久保の里へ茶を植えられたと傳えられています。
これが静岡茶の元祖とされています。
 
静岡茶商工業協同組合 大応国師
静岡茶商工業協同組合
向って一番右側の像が大応国師の像でございます。
大応国師は嘉禎元年(1235年)今から約770年前、静岡市井宮にお生れになりました。現在井宮の信号機の脇に大応国師誕生の井戸として、市の史跡に指定されのこされています。
国師は草庵式茶道の創立者と言われています。
 
静岡茶商工業協同組合 三国志に関する年代表
静岡茶商工業協同組合
 
静岡茶商工業協同組合 茶祖堂(ちゃそどう)
静岡茶商工業協同組合
茶祖 栄西禅師、聖一国師、大応国師の三国師の尊像を安置し、真心をこめてご供養とその遺徳顕揚につとめ業界のますますの発展するよう茶祖堂の建立を計画し、全国篤志家ノ呼びかけて、この趣旨に心から賛同いただいた全国の皆々様の浄財により、昭和42年7月17日に工事着工し、昭和43年3月8日に竣工ならびに落慶式が行われました。

茶祖堂ならびに茶室の概要

茶 祖 堂 建築面積 54.76 u
茶   室 建築面積 47.7u
 
 
 
静岡茶商工業協同組合