静岡茶商工業協同組合
 
  静岡茶商工業協同組合
静岡茶商工業協同組合 おいしいお茶には理由がある。

お茶づくりに関わる職人は、産地の農家ばかりではありません。おいしいお茶に欠かせない、とても重要な役割を担っているもう一人の職人。それが、お茶屋さんです。江戸時代の中頃から現在に至るまで、製茶問屋の職人たちは、農家で育まれたお茶に磨きをかけ、そのおいしさを最大限に引き出す役割を果たしてきました。産地やその年の作況など、製茶のすべてを知り抜いた専門家だけが持ちうる技がそこにはあります。

静岡茶商工業協同組合 美味しいお茶ってどんなお茶?
静岡茶商工業協同組合
一般的には、味・香り・水色のバランスがとれたものを「おいしいお茶」と言います。しかし、人にはそれぞれ「好み」というものがあります。一方、お茶にもいろいろな「種類」があります。その人が実際に飲んで”美味しい”と感じたお茶こそが、本当に「美味しいお茶」と言えるのではないでしょうか。

そこで、「美味しいお茶」を飲むための条件

これらの条件がバランス良くそろった時に、本当に「美味しいお茶」を飲むことができるのです。その条件に近付けるために、お茶屋さんは長年の経験から得た知恵や工夫で美味しいお茶を目指します。

静岡茶商工業協同組合
「合組」というブレンド技術でバランスのとれた美味しい茶葉を作り上げ、上手な淹れ方をみなさんにお伝えすることが、わたしたちお茶屋さんの仕事です。
 
 

 

  静岡茶商工業協同組合
静岡茶商工業協同組合 「合組」ってなに?

合組とは、産地や品種、蒸し具合などが異なる荒茶の特長を見極め、ブレンドすること。荒茶は香りの高いもの、味にコクのあるもの、水色が鮮やかなものなど実にさまざまな特長を持っています。製茶問屋の職人たちは、目、鼻、舌、手触りなど感覚と経験を活かして荒茶の特性をひとつひとつ敏感に感じ取っていきます(鑑別)。そして、それぞれの要素を引き立たせ、より価値ある煎茶になるようブレンドするのです。
 また合組は、均一な品質のお茶を、より多くの消費者にいつも安定して提供するためにも欠かせない作業です。

味・香り・水色・形状においてさまざまな特長を持つ「荒茶」をバランス良く調和させながら良質の美しいお茶に仕上げる配合方法です。

静岡茶商工業協同組合
合組しなければ美味しいお茶にならない?いいえ、単一の茶園から作られた、美味しいお茶もあります。しかし、好み、数量、値段などを考えると本当に納得いただくためには限度があります。
 
 
 
  静岡茶商工業協同組合
静岡茶商工業協同組合 仕入れはなぜ大切なの?

製茶問屋は、農協や斡旋所から荒茶を仕入れます。その際、消費者の好みを考慮しながら品質の均一なお茶を年間通じて提供できるよう仕入れに気を配ります。仕入れた荒茶は大型冷蔵庫に保管し、必要な量だけその都度仕上げ加工していきます。

お茶屋さんは、目、鼻、舌、手触りなど、研ぎ澄まされた感覚と経験をフルに活かしてさまざまな特長を持った「荒茶」を見極めます。

静岡茶商工業協同組合
お茶の特長を見極め、品質の均一なお茶を年間を通して安定して提供するために「仕入れ」に気を配ります。
 
 
 
  静岡茶商工業協同組合
静岡茶商工業協同組合 「火入れ」ってなに?

火入れとは、荒茶を水分含有量2〜3%程度になるまで乾燥させるとともに、お茶独特の風味を引き出すために行われます。火入れの作業は製茶問屋の腕の見せどころ。火入れの仕方によって、問屋ごとに風味の異なるお茶に仕上がるのです。
 また、お茶をふるいにかけ、形を整えたり茎や粉などを取り除いたりしますが、それらは茎茶や粉茶といった商品となります。

仕入れた茶葉に命を吹き込む。加減ひとつで旨みと渋味、香りを絶妙に調整します。

静岡茶商工業協同組合
お茶の味わいの決め手である独特の風味や火香を醸し出すためになくてはならない作業。熟練の技術と経験が生かされています。
 
 
 
  静岡茶商工業協同組合
静岡茶商工業協同組合 お茶集散地としての静岡市

静岡にはたくさんのお茶屋さんが軒を連ねており、お茶の集散地としての環境が整っています。つまり静岡市は、各地のお茶やお茶に関する情報を集積し、付加価値を加えて全国へと届ける役割を担っているのです。また、茶箱や茶缶、茶袋、ひもなどの資材や倉庫・運送業など、お茶に関わるさまざまな関連業者もここ静岡市で発展してきました。こうした関連業者も含め、静岡市は現在もお茶の生産・流通両方の機能を持ったお茶の街として発展を続けています。
安定していいお茶をお届けすること。それが製茶問屋の使命です。

静岡茶の歴史はこちら

 
  静岡茶商工業協同組合
静岡茶商工業協同組合 荒茶のできるまで

お茶の製造は、明治時代中頃まですべて手作りでした。現在では近代的・衛生的な製茶機械によって製造されています。しかし、茶製造の基本は手揉技術(静岡県文無形化財)にあり、製茶にあたる人達は常にこの技術の修得にはげみ、より美味しいお茶づくりに協力しています。

 
静岡茶商工業協同組合 1.茶畑
静岡茶商工業協同組合
毎年、4月中・下旬から5月頃茶の摘採がはじまります。お茶の葉は、手摘、茶摘機などによって摘みとられ荒茶工場へ運ばれます。
 
静岡茶商工業協同組合 2.生葉管理装置
静岡茶商工業協同組合
摘採された茶の葉を鮮度を保ちながら一時的に貯めておきます。
 
静岡茶商工業協同組合 3.給葉機
静岡茶商工業協同組合
集められた茶の葉を自動的に蒸器へおくります。
 
静岡茶商工業協同組合 4.蒸器
静岡茶商工業協同組合
茶の葉を蒸気で蒸し、酸化酵素の働きを止めます。
 
静岡茶商工業協同組合 5.冷却機
静岡茶商工業協同組合
むされた茶の葉の表面の水分をとりのぞきながら冷やします。
 
静岡茶商工業協同組合 6.粗揉機
静岡茶商工業協同組合
強い力で揉みながら熱風で乾かします。
 
静岡茶商工業協同組合 7.揉捻機
静岡茶商工業協同組合
葉の茶に力を加えて水分の均一をはかりながら揉みます。
 
静岡茶商工業協同組合 8.中揉機
静岡茶商工業協同組合
茶の葉をふたたび揉みながら熱風で乾かします。
 
静岡茶商工業協同組合 9.精揉機
静岡茶商工業協同組合
茶の葉に熱と力を加え形を整えながら乾かします。
 
静岡茶商工業協同組合 10.荒茶乾燥機
静岡茶商工業協同組合
揉みあげた地を十分に乾かします。
 
静岡茶商工業協同組合 11.荒茶合組機
静岡茶商工業協同組合
乾燥された茶を均一に混ぜ合わせます。
 
静岡茶商工業協同組合
ここまでが、荒茶製造工程となり、この茶は「荒茶」と呼ばれています。
 
静岡茶商工業協同組合 12.総合仕上機
静岡茶商工業協同組合
荒茶は、形が大小さまざまな状態で混じりあっているので、「ふるい分け」、「切断」して、形を整えきれいにします。
 
静岡茶商工業協同組合 13.仕上茶乾燥機(火入機)
静岡茶商工業協同組合
茶を、さらによく乾燥させると同時に、独特の香りや味をひきだします。
 
静岡茶商工業協同組合 14.選別機
静岡茶商工業協同組合
木茎や細い茎を取り除きます。
 
静岡茶商工業協同組合 15.合組機
静岡茶商工業協同組合
製品の調整・配合と均一化をはかります。
 
静岡茶商工業協同組合
ここまでが、仕上茶製造工程となり、「仕上茶」と呼ばれます。
 
 
静岡茶商工業協同組合 16.包装
静岡茶商工業協同組合
合組機からとりだされた茶は計量され茶箱や袋に詰められます。
 
静岡茶商工業協同組合 17.輸送
静岡茶商工業協同組合
産地の問屋などから全国各地の茶店に、トラックや鉄道便で輸送されます。
 
静岡茶商工業協同組合 18.茶店
静岡茶商工業協同組合
茶は袋や缶に詰められて販売されます。
 
 
 

 

   
 
お茶屋さんの使命とは
さまざまな専門的技術を活かし
信頼される品質のお茶を
好みに合わせて
納得できる価格で
年間を通じていつでも
全国のみなさまへ提供すること
 
お茶のエキスパートである静岡茶商工業組合の組合員を紹介します。
静岡茶商工業協同組合
ブロック検索
静岡茶商工業協同組合
組合員一覧

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
静岡茶商工業協同組合